あんなにきれいな毛並みだったのに

飼っている犬がアトピーにかかっているようです。かゆくてしょうがないのでしょう、かきむしってしまうので、かつてはあんなにきれいな手並みだったのに、今では毛が抜けてしまっているところがところどころあります。見るも無残です。

人間でもアトピーにかかると大変なのに犬の場合も同じように大変です。なんでアトピーにかかってしまうんでしょうか? 犬などはずっと健康なまま生きていると思い込んでいたのですが、人間と同じように病気になるんですね。まあ、当たり前ですが。さて、アトピーの原因のアレルゲンにはどういった物質があるのでしょうか。

アレルゲンは普段の生活環境に存在していて、身の回りにあるものなのです。スギ花粉がよい例です。人の花粉症のアレルゲンとして有名ですが、これまでずっとスギ花粉を吸ってきたのに、ある日突然発症しますよね。このように突然症状をあらわすのがアレルギーです。これまでずっと食べてきたフードに対してかゆみを示すことはよくあります。犬猫のアレルゲンとしては、ダニ、ほこり、カビ、花粉などがあります。

良質なドッグフードを日常的に食べさせてあげることがアトピーを防ぐコツになります。犬のアトピーの症状によるかゆみは、細菌やダニ感染、肌の乾燥によってもかゆみは起こりますので、それらと区別してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です